わきが手術 アポクリン

わきが手術

わきが手術

現在のところ、わきが手術で一般的なのはアポクリン腺の除去手術です。

 

脇の皮膚に切り込みを入れて器具を差し込み、
アポクリン腺を直接切り取っていきます。

 

アポクリン腺は肉眼でも確認でき、わきが体質の人は
明らかに数が多かったり、密集していたりするそうです。
そのため本当にわきが体質であるか確かめるため
試験切開という方法を採っているクリニックもあります。

 

この除去手術は、正確には剪除法と言います。

 

健康保険の適用可能な手術なので、両脇あわせて
4,5万円程度の自己負担で治療できます。

 

しかし非常に手間のかかる手術なので、
自由診療扱いにしている病院もあります。
この場合は全額自己負担となるので注意しましょう。

 

剪除法の他には、カミソリ様の器具で汗腺や毛根を
まとめて削り取る方法や、アポクリン腺を吸引する方法などがあります。
カミソリを使うシェービング法は30万円前後、吸引法は20万円前後です。

 

わきが手術

最近注目を集めているのは、マイクロ波を当てて

汗腺の働きを弱めるミラドライ法です。
皮膚組織の中の、ちょうど汗腺のある深さで
作用する周波数でマイクロ波を当てていきます。

 

エステでレーザー脱毛を経験したことのある人は、
施術風景をイメージしやすいはずです。
まだ登場したばかりの技術ということもあって、
30万半ばから40万半ばと、比較的高めの手術です。

 

わきが手術でよくある失敗談は、2度も
3度も手術が必要になってしまうケースです。

 

若いうちに手術を受けると、まだ成長しきっていなかった
アポクリン腺が見逃され、何年か経ってまた症状が出てくることがあるそうです。

 

あるいは単純に医師の技量の問題で、アポクリン腺が
取り切れていないこともあります。また、手術後に脇以外の
体臭がきつくなったという人もいます。詳しいメカニズムは分かっていませんが、
もともとアポクリン腺も人体の排出機能の一端を担う、必要な器官です。

 

その一部が失われれば、カバーのために他の同様の
部分が活性化する可能性も、無いとは言い切れないところです。

 

矢印

ボタン