海露 成分

海露の成分

海露のベースは超純水といって、高い精度で不純物を取り除いた水です。

 

海露 成分

 

不純物がほとんど無いので、その他の成分と思わぬ化学反応を起こす確率が
低く、そのため幼い子供や敏感肌の方も安心して使いやすい製品となっています。
また、普通の水より肌へ浸透しやすいとも言われています。

 

では肝心の消臭効果はどこから来ているかというと、成分表示にある
セージ葉エキス、チャ葉エキス、サリチル酸Naです。
セージはシソ科のハーブで、料理でも肉の臭み消しとしてよく使われます。

 

臭いのもととなる雑菌を抑える殺菌作用、肌を引き締め血管を収縮させる
収斂作用などがあり、中世ヨーロッパでは患者の発汗を抑えるハーブとして利用されていました。

 

海露 成分

 

チャ葉エキスは、名前の通りお茶葉の抽出物ですね。
お茶の消臭作用は、昔から日本でも有効活用されてきた通りです。
収斂作用と保湿作用もあり、化粧品の成分表示で見かけることも増えてきました。

 

サリチル酸Naは、サリチル酸ナトリウムと読みますが、配合量によって肌への影響が変わってくる物質です。
おそらく、わきがの原因となる菌に対して殺菌作用を呈する濃度で配合しているものと思われます。

 

サイト上の成分表示にも注釈がありますが、防腐剤としてフェノキシエタノールが少量使われています。

 

せっかく天然成分が主体となっているのに、合成防腐剤を含んでいることに不満を覚える人がいるかもしれません。
けれど海露のような水ベースの天然ジェルは、防腐剤を使わなければ開封後急速に劣化します。

 

目に見えない小さなカビが繁殖し、雑菌が増え、気付かないまま肌に塗り広げるはめになります。
これを防腐剤無しで対策しようとすると、常に清潔な冷蔵庫に保管し、
使用前には入念に手を洗わなければならないなど、とても大変な思いをすることになります。

 

フェノキシエタノールが入っているからこそ、海露は大容量ボトルで長く
使うことができ、カバンに入れての持ち運びも可能なのです。

 

矢印

ボタン