わきが 原因

わきがの原因

汗が原因で強烈な体臭を発生させるわきがは、医学的には病気ではなく、
アポクリン腺と呼ばれる汗腺組織を多く持っている人に見られる体質です。

 

人体にはアポクリン腺の他に、エクリン腺と呼ばれる別の種類の汗腺もあります。
つまり人間のかく汗は、エクリン腺からの汗とアポクリン腺からの汗に分けられるのです。

 

わきが 原因

 

エクリン腺はほぼ全身に分布しており、水分主体の汗を出して体温調節を行います。
アポクリン腺は耳の中や脇の下、乳首、性器周辺に限定して分布し、
脂肪分やアンモニアを含んだ汗を出します。

 

わきが体質の人は、このアポクリン腺の汗が、他の人よりも多く出る傾向にあると言えます。

 

ただし汗腺の分泌物は、どちらから出た汗であっても、
体温調節や老廃物排出という重要な機能を担っています。
そのため、わきが体質は先天的な病気などとは別物なのです。

 

体毛が濃い人と薄い人がいるように、アポクリン腺の量も
あくまで、単なる体質の一環というのが正しい認識です。

 

アポクリン腺の量は、主に遺伝で決まるようです。

 

そこから出る分泌物は、老廃物を出そうとしているわけですから、
摂取した食事の内容に左右されます。そして脂肪分などを含んだ汗は、
脇の毛や皮膚に住んでいる細菌の絶好の繁殖場所になります。
刺激臭は、菌が繁殖した時点で発生すると考えられています。

 

ですからアポクリン腺が多くても、それだけでわきがになるわけではありません。

 

食事の内容次第で分泌物の構成は変わり、例えば脂肪分の
少ないさらりとした汗だと、雑菌は繁殖しにくくなると思われます。
また臭いの原因となる菌が皮膚に少なければ、わきが臭も抑えることができるでしょう。

 

それから補助的な要因ですが、腋毛が多かったり太かったりするとわきが臭が広がりやすいといいます。
毛の表面積の分だけ細菌の繁殖するスペースが増えますし、毛の中には汗が留まりやすいからです。
腋毛をこまめに処理すると、それだけで少し臭いが和らぐ人もいます。

 

矢印

ボタン