わきが 対策

わきがの対策法

わきがになりやすい人の特徴として、脇のアポクリン腺が人より多いことが挙げられます。

 

わきが 対策

 

アポクリン腺の数は基本的に遺伝で決まるので、自分の子供にも
わきががあることに気付くと、つい自分を責めてしまう親も多いそうです。
遺伝は自己責任の範囲外ですので、誰が悪いという問題ではありません。
体質改善やデオドラントで対策することもできますから、前向きに頑張っていきましょう。

 

アポクリン腺は、生涯を通じて数は変わりませんが、
一つ一つの組織が肥大化したり活発化したりすることはあります。
主な原因は二つで、成長に伴うホルモンバランスの変化と生活習慣です。

 

一般的にアポクリン腺は第二次性徴期に大きく活動しはじめるので、
わきが体質に気付くのは思春期頃が多いそうです。

 

精神的にもデリケートな時期なので、必要以上に気にして
自己臭恐怖症という精神疾患に至る子までいます。
心理的に参ってしまう事態を避けるため、わきが対策はまず、
病院で自分が本当にわきが体質なのか確認することからはじめましょう。

 

また、耳垢が湿っているとか、脇の部分だけシャツに
黄色いシミがつくとか、鼻以外で確認できる項目もあります。

 

アポクリン腺から出る汗は脂肪などの栄養分を含んでおり、
におい菌が繁殖するのに適した環境になっています。

 

菜食主義者には体臭が無いと言われることもありますが、
これはアポクリン腺からの汗に脂肪分がほとんど含まれず、
菌があまり繁殖しないためと考えられます。

 

もちろん日頃の運動強度や食の好みによって誰もが菜食中心の
生活になれるわけではありませんが、意識して野菜を多く摂ったり、
肉やチーズを控えたりすることはできるはずです。

 

それと同時に、皮膚表面の細菌をなるべく抑える対策をします。
腋毛を剃れば、毛の表面につく分だけ菌の数は減ります。
脇の下に、殺菌成分を配合したデオドラントを塗布するのも有効で、
入浴後など、洗浄して清潔になった肌に塗るのが最も効果的です。

 

矢印

ボタン